サポート

よくある質問

Solibriのアカウント番号は各社のアカウントに割り当てられた、7~8桁の固有番号になります(例:12345678)
番号が不明な場合は、以下の方法でご確認ください:

1. Solibri Solution Centerにて確認する手順

Solibri Solution Centerに管理者権限を持つアカウントでログインを行い、”管理者ビュー”に移動してください。
アカウントタブの会社の項目に”アカウント番号”が記載されております。

mceclip0.png

2. 納品書にて確認する手順

購入後にお届けしております納品書に記載されています。御社にて製品を注文された担当者にお問い合わせください。

パスワードを忘れてしまった 

パスワードを再設定したい場合はSSCページへ移動し、「パスワードをお忘れですか?」からパスワードを設定を行うことができます。

ログインができな

管理者によってアカウントが無効に設定された可能性がありますので、管理者までお問い合わせください。

Solibri Solution Center(SSC)には管理者によって設定されたアカウントを利用してログインすることができます。管理者がユーザーを追加すると、自動的にSSCよりパスワードを設定を求めるメールがユーザー宛に届きます。
SSCで使用するパスワードはSolibriの起動時に使用するものと同じです。

1. Solibri Solution Center(SSC)のアカウント登録

Solibri Solution Center(SSC)ウェブサイトのアカウント登録をこちらより行なってください。
URL: https://solution.solibri.com/registration/#!Registration

アカウント番号の項目には、納品書に記載されています「Solibri Solution Center アカウント番号」を入力してください。その他の情報を入力し、登録を完了させます。

ここで追加されたユーザーは「管理者」の権限を有するアカウントになります。後ほど他のユーザーにも管理者権限を設定する事ができます。

さらに詳しく…

Solibri Anywhereを利用するには2つの方法がございます。

  1. Solibri Solution Centerにてユーザーを追加する(Solibri製品をご購入されているお客様のみ、管理者がユーザーの追加を行えます)

  2. Solibri社のウェブページにてSolibri Anywhereの登録をおこなう(管理者による設定が不要)

1. Solibri Solution Centerにてユーザーを追加する(Solibri製品をご購入されているお客様の場合で、管理者向け)

*Solibri Anywhereやライセンスを必要とする製品(Solibri Office/Site)を利用する場合

通常通り、アカウントを作成し必要なライセンスを割り当てます。Solibri Anywhereの起動にはライセンスが必要ありませんので、[製品の選択]にて、Solibri Anywhereの選択すると、Anywhereが起動します。

さらに詳しく…

Solibri Solution Cente購入後に会社のアカウントを登録するには、Solibri Solution Center(SSC)ウェブサイトのアカウント登録をこちらより行なってください。
URL: https://solution.solibri.com/registration/#!Registration

アカウント登録

ページが開かれると、下記の画面が表示されます。各項目を入力してください。

  1. アカウント番号の項目には、納品書に記載されています「Solibri Solution Center アカウント番号」を入力してください。その他の情報を入力し、登録を完了させます。
  2.  「以下を承認し同意します 「一般サービス条件」」のチェックボックスにチェックを付けます。
  3.  「登録」をクリックします。

さらに詳しく…

ファイヤーウォールの設定

ファイアウォール・プロキシがSolibriのサーバーへの通信をブロックする場合は、以下のアドレスへのトラフィックを許可する必要があります。

SMC9.8.47以降, SMC9.9.5.113以降, Solibri9.10.x以降

  • license.solibri.com (ポート番号 443)
  • ws1.solibri.com (ポート番号 443)
  • ws2.solibri.com (ポート番号 443)
  • ws3.solibri.com (ポート番号 443)
  • ws4.solibri.com (ポート番号 443)
  • download.solibri.com (ポート番号 443)
  • 06832.tbnet1.com (ポート番号 443 and ポート番号 80)
  • api.solibri.com (ポート番号 443)
  • login.solibri.com (ポート番号 443)
  • solution.solibri.com (ポート番号 443)
  • certificates.godaddy.com (ポート番号 80)
  • ssl.solibri.com (ポート番号 443)
  • fonts.googleapis.com (ポート番号 443)
  • fonts.gstatic.com (ポート番号 443)
  • pool.ntp.org (UDP ポート番号 123)

SMC9.8.27以前, SMC9.9.5.112以前 (旧ライセンスサーバー)

  • license.solibri.com (ポート番号 443) 
  • ws1.solibri.com (ポート番号 443) 
  • ws2.solibri.com (ポート番号 443) 
  • ws3.solibri.com (ポート番号 443) 
  • ws4.solibri.com (ポート番号 443) 
  • download.solibri.com (ポート番号 443)
  • 06832.tbnet1.com  (ポート番号 443)
  • api.solibri.com (ポート番号 443)

さらに詳しく…

メニューから「アサイメント」に移動し、各ユーザが利用できる製品を設定します。

  1. ユーザーに割り当てたい製品を選びます(CTRLボタンで複数選択可)
  2. 「更新」ボタンをクリックすると、その製品の割り当てられている状況が下のリストに表示されます。(すでにライセンスが割り当てられているユーザーにはチェックが入っています) 
  3. 使用できるユーザーにチェックを入れる(通常は「すべて割り当てる」を選択し、全てのユーザの欄にチェックを入れます)
  4. 「変更を保存」をクリックして、内容を保存します

さらに詳しく…

現象

Solibriを起動すると、「ライセンス 供与中に不明なエラーが発生しました」とのライセンスエラーが表示される。
mceclip0.png

原因

ファイアウォールまたはプロキシ設定がSolibri のライセンス認証をブロックする場合があります。

さらに詳しく…

Solibriを起動時に、下記のようなエラーが表示され、Solibriが起動できない場合があります。
 
もしそのような状況になってしまった場合は下記の項目を確認ください。
  • 「.solibri」フォルダを削除
    パス: C:\Users\\
  • システム時計の時刻がずれていないか確認

さらに詳しく…

エラー

“java.lang.RuntimeException: java.io.IOException: Cannot run program “wmic”: CreateProcess error=2″, 指定されたファイルが見つかりません。

原因

SMCがWindowsのWMIC (Windows Management Instrumentation Command-line)へのパスを見つけることが出来ないため。システム環境変数でWMICへのパスが間違っているか、存在しない場合に起こります。

さらに詳しく…

問い合わせフォーム

アカウント番号は、各社のアカウントに割り当てられた8桁の固有番号です。

すべての項目を記入してください。

グラフィソフトおよび特約店から、製品およびサービスに関する情報を メールで受け取ることに同意します。注記:個人情報は厳重に扱われ、第三者に提供されることはありません。 必須入力項目です。必ずチェックを入れてください。

添付ファイルをアップロードする際には時間がかかる場合があります。通信ボタンをクリックしてから、アップロードが完了するまでにお待ちください。

最大サイズ: 20MB.
許可されたファイルタイプ: .classification, .smc, .jpg, .png, .pdf, .gif, .docx, .doc, .xsl, .xslx, .ifc, .ifczip, .zip, .rar, .7z, .bcf.